プライベートバンクとは何?

プライベートバンクの定義

最近、富裕層が利用するプライベートバンクが増えてきています。
プライベートバンクとは、簡単にいうと富裕層が私的に利用するプライベートな銀行として理解されています。
しかし、厳密には、プライベートバンカーがいる銀行のことをプライベートバンクと言います。
主には、資産運用や資産を守ることを仕事としている金融機関といえます。
企業オーナーには、事業継承の方法や財団設立の方法を教えてくれるので、単なる資産形成のアドバイスだけではないのが、プライベートバンクのサービス内容となります。

主なプライベートバンクについて

プライベートバンクの代表格といえば、スイス銀行です。
スイスは永世中立国のため、資産を安全に守ることができると世界中の王族や資産家が利用しています。
日本にもプライベートバンクは増えていて、アブラハム・プライベート・バンクは、海外投資専門のサービスを展開し、海外のファンド情報を提供していたりします。
大手銀行でもプライベートバンキングサービスを行っているところがあり、一部の資産家に利用されています。
他に日本での顧客は専業投資家などが多く、だいたい利用する人は1億円以上の資産がある人と言われているようです。
最近では、一部の証券会社でもプライベートバンキングサービスを開始していて、主にファイナンシャルアドバイザーが、資産運用の方法や資産継承の悩みに応えてくれます。

プライベートバンク利用の注意点

プライベートバンクを利用する人々は、その銀行が安全であるかどうかを重視しています。
巨額の資産を預けるわけですから、プライベートバンクの存在はそもそも目立ち過ぎない状態である方が望ましいわけです。
古くから口コミで顧客が広がっていたプライベートバンクですので、「当社をご利用いただきたい」と宣伝をしているような金融機関は疑ってかかった方が賢明です。
近年まで、その存在があまり知られていなかったのも、その守秘性のためです。

ご利用は計画的に

プライベートバンキングは、資産状況を誰かに知られることなく安全な生活を送るために利用するものです。
老舗のプライベートバンクでは、お金を守るため、情報を守るためのノウハウがつまっています。
それゆえ、長年サービスを展開している金融機関が支持されている側面があります。
また、コンシェルジュサービスも充実しており、弁護士や医師の紹介などもしてくれます。

更新情報

ページ上に戻る